Eva Gevorgyan Piano Recital

エヴァ・ゲヴォルギヤン ピアノ リサイタル
第18回ショパンコンクール最年少ファイナリスト





私がいちばん大切に思っているのは、私の心から湧き出た情感が皆さまの心へと伝わっていくことなのです


開催概要

開催日時
2024年9月8日(日) 15:00 開演 14:30 開場
会場
秋篠音楽堂
入場料
前売  4,000円  当日 4,500円 (全指定席)
《 チケット発売日 》 2024年6月8日(土) 10:00~

チケット取扱
秋篠音楽堂
  6F 秋篠音楽堂チケットブース
  0742-35-7070 (10:00~17:00)
Confetti チケット販売   
   0120-240-540 (平日10:00~18:00)


チケットを郵送の場合
1.当館にお電話にてお申込み、お送先など伺います
2.チケット代金+郵送費など手数料をお振込みください
   
チケット代金などお振込口座
   郵便振替 ※振込手数料をご負担ください(青い振替用紙)
     口座番号:00980-4-117488
     口座名称:秋篠音楽堂運営協議会
         
※通信欄に、コンサート名と枚数をご記入ください
3.お振込みを確認後、郵送させていただきます

主催
秋篠音楽堂運営協議会

チラシ


       ビデオメッセージ

         座席表
   ●最新の情報が反映されていない
     場合があります
       ご了承ください

プロフィール

「雄弁な感情表現と完璧なテクニック、達人の特質のすべてを併せ持っている」( ICMA 国際クラシック音楽賞)、「エミール・ギレリスやベラ・ダヴィドヴィッチといったロシアの巨匠を思い出させる」(グラモフォン誌)と評されるエヴァ・ゲヴォルギヤンは2004年に生まれ、ピアノ王国ロシアの新世代で最も期待されているピアニスト。
2021年の第18回ショパンコンクールでは最年少ファイナリストの中で円熟さえ感じられる重厚な表現と鋭い感性、鉄壁のテクニックで会場の聴衆と世界中のリスナーを虜にした。
モスクワ音楽院の名門中央音楽学校でナタリア・トゥルル教授に学ぶとともにロシアン・ピアニズムを代表する巨匠たちに師事。エフゲニー・キーシンやデニス・マツーエフなどの支援を受け研鑚を積んできた。ロシアが誇る天才少女としてロシア大統領やイタリア大統領などの元首に演奏を披露している。
数多くの受賞歴の一例をあげると、セント・チェチリア国際ピアノコンクール第1位、ジュリアーノ・ペカール国際ピアノコンクールグランプリ、 青少年のためのショパン国際ピアノコンクール (ポーランド)第1位、ヤング・ショパン国際ピアノコンクール(スイス)第1位、ロベルト・シューマンピアノコンクール 第1位、シカゴ国際コンクールグランプリ、クリーヴランド国際ピアノコンクール第1位、エスベルクホフクラシックピアノフェスティバル優勝、ロシア国立交響楽団によるコンクールグランプリなど50を超える。
「あとが大事」と言われるショパンコンクールにおいて現在のエヴァの演奏活動は際立っており、モスクワ音楽院、スペインのクィーン・ソフィア高等音楽院に在学しながらロシア、ドイツ、スペイン、フランス、アメリカなどで月に数回ものコンサートに出演、2023年初来日公演の成功は記憶に新しく、コンチェルト、リサイタルはもちろん室内楽、歌曲の分野においても傑出した音楽性を発揮している。
2024年公演は小林研一郎指揮読売日本交響楽団とラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、ユベール・スダーン指揮札幌交響楽団とチャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番を共演するとともに全国主要都市でリサイタルを開催。
再来日に合わせて2023年初来日公演のライヴCD「 Chopin Rachmaninov 」(2枚組)をアルトゥス、キングインターナショナルからリリース。

プログラム

ベートーヴェン:ピアノソナタ第27番op.90
ブラームス:4つの小品op.119
ラヴェル:ラ・ヴァルス
シューマン:謝肉祭op.9
チャイコフスキー作曲/プレトニョフ編曲 : 組曲「くるみ割り人形」



NPO法人奈良芸能文化協会
日本トスティ歌曲コンクール
奈良市国際音楽交流協議会 ならイメック
秋篠音楽堂

〒631-8511
奈良県奈良市西大寺東町2-4-1 ならファミリー6階

0742-35-7070

営業時間 / 10:00~17:00

(c) 2001-2020 秋篠音楽堂